検索

Author

  • 名前:ひであき
  • 性別:男
  • 年齢:31歳

沖縄県生まれ、愛知県在住の31歳男性です。 愛知へきてもう何年もたちますが、なまりが全く取れず沖縄人丸出しでアパレルの仕事をしています。顔も濃いためすぐばれます。 最近の悩みはやせ形だった私ですが、愛知のご飯美味しいのか、一人暮らしの不摂生な生活がたたってるのかかなり太ってしまいました。 今年の目標は体重を元に戻すことです!よろしくお願いします。

男性の気になる情報

カテゴリー

ハゲは遺伝

ハゲる原因としてよく言われるのが、男性ホルモン、ストレス、生活習慣に加えて遺伝があると思います。

その為、身内にハゲている人がいると自分も将来と心配になる男性も多いんじゃないでしょうか。
しかし実際のところ、ハゲに限らず遺伝に関してはまだまだ解明されていない面が多いのです。

果たして本当にハゲは遺伝するのでしょうか。

結論から言うと、未だハゲの遺伝子というものは見つかっていないようです。
ただハゲやすい体質と言うものは確かに存在し、その体質が遺伝によって受け継がれることは十分にあります。

そういう意味ではハゲは遺伝すると言っても差し支えないかもしれません。

ハゲやすい体質とはつまりAGAを引き起こしやすい体質ということです。

AGAは男性ホルモンであるテストテロンが5α-リダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストテロンというホルモンに変化した時に起こります。

テストテロンの分泌量自体は然程個人差はないのですが、ジヒドロテストテロンを作り出す5α-リダクターゼの分泌量にはかなりの個人差があります。

つまり5α-リダクターゼの分泌量の多い体質が遺伝すれば、その遺伝子を受け継いだ男性もハゲ易くなるということもあるようで育毛剤 通販を利用する男性も多いということになりますね。

遺伝でハゲる可能性がある人のための予防策

ハゲの原因はさまざまですが、一番の困りものと言えば遺伝や体質によるものでしょう。

もし父親がハゲていたら、自分も将来そうなってしまうことは確実だと絶望してしまう人も多いのではないでしょうか。

抜け毛に影響する男性ホルモンを持っている割合は確かに遺伝的なことに左右されますが、実は「自分の父親と同じ生活習慣を送っている」ことの方にも大きな問題が潜んでいます。

遺伝のパワーに打ち勝つ生活習慣

ハゲの可能性を親から受け継いでいるかどうかはやはり遺伝子の問題ですが、それを遅らせたり抑えたりすることは可能です。

何よりもまず、ハゲている親と同じような生活を送っているということが問題であるという意識を持っておきましょう。遺伝には先天的なものと、生活習慣などの後天的なものがあるからです。

まずは親の生活を反面教師としてとらえるところから始めましょう。そして、ビタミンやミネラルなど髪に良いものを摂取するような食生活に変え、適度な運動や十分な睡眠を確保しましょう。

それを続けていくだけでもかなり変わってきます。

ハゲの原因に、親の生活をいつしか自分も真似してしまっていることが挙げられるという事実を念頭に置いておきましょう。意識して自分から変えていくことで、遺伝のパワーに打ち勝ちましょう。

更新情報

2015-10-02
ハゲは遺伝の情報を更新しました。
2015-08-26
サイトマップの情報を更新しました。
2014-05-15
運営者情報の情報を更新しました。
2013-05-08
わきがだと気づいてしまった時を新規投稿しました。
2013-05-08
大人になったら吹き出物を新規投稿しました。
ページ上に戻る